Blog:ブログ

HOME > Blog > 夏にも結露は要注意???

2020/08/22

夏にも結露は要注意???

いつも弊社のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

猛暑と言うより酷暑の毎日が続いております。
弊社があります愛知県でもここ数日は38℃以上と言う
酷暑っぷりで毎日サウナ状態、こんな中現場で作業をしている
職人さんにはホント頭が下がる思いです。

さて、今日は夏に、それもこんな酷暑でも結露が発生するのか?について書いて行こうと思います。


結露と言うと冬ってイメージがあると思います。
窓ガラス等に見られるあの結露ですが皆さんは夏に結露のイメージって具体的に付きますか?

夏は窓ガラスではなく壁体内(壁の中)に結露をおこします。これって、とても怖い事なんです。
壁の中の断熱材に水分が入ると柱や土台と接しているので、木材も濡れることになります。
放置していると、腐食してしまう原因になります。

そうなると家の寿命に影響を与え、カビなどで不衛生になり人体にも良い影響を与えません。
結露は家の寿命に大きく関係していて、世界的に見て家の寿命が極端に低い日本の一番の原因は
結露と言われています。


なぜ夏に結露を起こすの?

実は結露は季節に関係なく発生するものです。
空気は冷やされると、飽和水蒸気量(空気に溶け込める水蒸気の最大量)が下がります。
 空気に溶け込めなくなった水蒸気は水滴となり、結露してしまうのです。
夏で例えると、外気が35℃の猛暑日に室内でエアコン25℃で稼働すると
暖かい空気が冷やされ壁の中や天井、床下で冷たい空気と暖かい空気がぶつかりそこで結露を起こす訳なんです。
冬でも同じ原理で内部結露を起こしています。

因みに冬に窓に付く結露を表面結露
夏は家の内部、目につきにくい所で起こるので、内部結露とも言います。
また、木材を腐らせる木造腐逐菌は水分が大好きで
木材の含水率が約20パーセント以上になると活発に活動して木材を腐逐してしまいます。
この状態で地震が起これば甚大な被害が出てしまう事も。


対処方法は?

まずは、防水シートを家の外部側に施工することで外部からの水蒸気の侵入を防ぎます。
次に室内側ですが、使う断熱材によって違います。例えば通常使われるグラスウールの場合は室内側に
防湿気密シートを切れまなく張り水蒸気の侵入を防ぐ事です。
しかし、この防湿気密シートを切れまなく隙間なく貼る技術は専門の業者さんでも高難度です。
ただ貼ればいいというものではありません。

適当な施工ではかえって壁体内に侵入した水蒸気がとどまり続ける原因にもなってしまいます。
グラスウールと言う断熱材は水分を吸収しますのでしっかりとした防水処理が必要です。
中には防湿気密施工すらしていない建物も見受けられます。

 

結露に強い断熱材

次に弊社採用の硬質ウレタンフォームと言う断熱材の場合、この断熱材は水を通しにくい断熱材です。
そのため、内部結露に対する予防策としては非常に優れた性能を持っています。

断熱材に水蒸気を含まないのでカビの発生、木材腐朽菌の増殖を防ぎ壁体内をクリーンに保ちます。

また、同じ厚さでもグラスウールの約2倍の断熱性能を有し性能面でも非常に優れた断熱材になります。

 

 

 

 

結露対策と言っても何も冬に限ったことではありません、家の寿命に人の健康に大きく関わる結露の対策は

決して後回しにせず間取りや設備と並んでしっかりとこだわっていただきたいものです。

 

 

🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸

 

愛知県 稲沢市・愛西市・津島市・あま市・一宮市・北名古屋市・岩倉市・名古屋市・岐阜を中心とした地域にお住まいの皆様

🏡 高性能 デザイン注文住宅なら《丸武住建株式会社》へお任せください。

 

           ☆彡☆彡☆彡 暮らしを楽しむお家ラインナップ ☆彡☆彡☆彡

 

                

                                   ※画像をクリックしていただくと詳細HPを見ることができます。

 

                                               お問い合わせ資料請求はお気軽に下記まで!

                   ✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩丸武住建株式会社✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

                      

                           【住所】〒490-1314 愛知県稲沢市平和町西光坊大門南1086番地1
                                     【電話】 0567-46-6868  【 FAX 】0567-46-6869

                              【営業時間】9:00〜18:00        【定休日】火曜・水曜日


🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸

COLUMN

CONTACT:資料請求・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します TEL.0567-46-6868 Open 9:00 Close 18:00 水曜定休

お問い合わせはこちら