Blog:ブログ

HOME > Blog > 室内温度が関係する冬の健康 (1)

2020/10/31

室内温度が関係する冬の健康 (1)

 

11月に入り日に日に寒さを感じる事が多くなりました。

【寒さ】が及ぼす健康被害の重要性はあまり知られていないようで

今年もこのテーマをもう少し掘り下げて見ていきたいともいます。

 

室温と健康の関係は?


まず、弊社がなぜ高性能住宅にこだわるか?

もうご存じだと思いますが、それは住まわれる方の健康にかかわるからです。


WHOの発表によると冬の室温に関しては18℃以下にしないことが、寒さによる健康被害軽減一つの目安になります

しかし、私の感覚的に言うと20℃以上にしないと家の中で寒さを感じると思います。

寒さによって増える疾患として挙げられるのは、季節制インフルエンザ、循環器系の疾患などがあげられます。

 

冬には暖かい季節に比べ死亡率が高くなる傾向にあります。


例えば弊社のあります温暖な愛知県では暖かい季節に比べ25%増加すると言うデータがあります。

では、寒い地域として挙げられる北海道、青森県や秋田県、ではどれほど増加するでしょうか?

意外にも10~15%で推移しています。温暖な地域より少ない数値です。

世界的に見ても寒いフィンランドでは10%ほどの上昇、暖かいポルトガルではなんと28%も上昇しています。


普通逆では?

 

では、なぜ、暖かい地域の方が寒い地域より死亡率が上がるのでしょうか?

それは、室内の温度の差=断熱性能の差です。

寒冷地にあるお家では寒さ対策として断熱をキチンと施し寒さ対策をすることにより温暖地域の住宅より冬は暖かいのです。

温暖地域では寒さに対する意識がどうしても薄く寒さ対策がおろそかになり、死亡率が上昇すると考えられています。


また、話がながくなってしまうので次回は室温と健康の関係について書いて行きたいと思います。

 

🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸

 

愛知県 稲沢市・愛西市・津島市・あま市・一宮市・北名古屋市・岩倉市・名古屋市・岐阜を中心とした地域にお住まいの皆様

🏡 高性能 デザイン 自然素材 注文住宅なら《丸武住建株式会社》へお任せください。

 

   

                  

                                        ※画像をクリックしていただくと詳細HPを見ることができます。

 

                                               お問い合わせ資料請求はお気軽に下記まで!

                   ✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩丸武住建株式会社✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

                      

                           【住所】〒490-1314 愛知県稲沢市平和町西光坊大門南1086番地1
                                     【電話】 0567-46-6868  【 FAX 】0567-46-6869

                              【営業時間】9:00〜18:00        【定休日】火曜・水曜日


🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸🔹🔸🔸🔹🔸

 

 

COLUMN

CONTACT:資料請求・ご質問、お問い合わせはこちらからお願い致します TEL.0567-46-6868 Open 9:00 Close 18:00 水曜定休

お問い合わせはこちら